家族が集まる大開口リビングの家

南側に大きく取ったテラスサッシからは光が差し込み、里山の風景を眺めることができます。庇には夏と冬の日射取得を調整するという働きがあり、この家でも大きな開口に対して二階ベランダ床や屋根の軒が庇の役割をし、冬は光を取り入れ夏は遮るように設計しています。メインの玄関と家族用の勝手口の共有収納は、どちらからでも使えるようにしており、状況に応じて使い分けできるようになっています。

格子が美しい建具の家

古民家のような落ち着いた雰囲気で、こだわりの建具を使用したいというご要望でした。間取りは脱衣・洗濯・収納までを一階に集約し、洗濯などの家事負担を軽減するつくりになっています。リビングからつながるウッドデッキは南向きで日当たりがよく、山の風景を眺めながら気持ちよく過ごすことができます。

愛着が持てる家

敷地は人通りの多い街中にあります。設計では日常の家事についてのご要望があり、壁付けのキッチンやサイドカウンター、物干し室など細かく打ち合わせを行い、一つ一つ確認しながら進んでいきました。LDKの中心の化粧柱はヒノキの丸太を使用し、この家の特徴として愛着を持っていただけるように考えています。

家族を繋ぐストリップ階段の家

新築の無垢の柱や床材からは木のいい香りがします。過去の施工物件を見て頂いたとき、その匂いを気に入っていただきました。階段をLDKの中心に配置し、階段を通る家族の顔が見えるようにしました。階段が空間を遮りすぎないようストリップにすることで、キッチンからもリビングを見渡すことができます。内装はシンプルに白に統一することで、建具や階段がアクセントになるようにしています。

広いリビングに集う二世帯の家

親戚が集まることが多いので、広いリビングが欲しいというご要望でした。リビングを16帖と大きく取り、ゆったりと団欒を楽しむことができます。また、和室を開け放すことで、リビング・縁スペースともつながり、ゲストが多いときはさらに大きな空間として使うこともできます。二世帯住宅では荷物や家財が多くなりがちですが1、2階のウォークインクローゼットなど、家全体で収納を多くとり解消しています。