薪づくりシリーズ・・里山の整備とシカ対策!

DSC07145
暑い日が続いています。先日まで天気が悪く、薪にするクヌギの木の搬出が遅れていましたが、天気の良い間に片付けてしまおうと頑張っているのですが、今度は暑さでバテ気味です。
 冬の間に、クヌギの木を切り倒していたのですが、最近は背の高さ位で切り落としてもらっています。低い切り株にしておくと、そこから春に生えてきた新芽をシカが全部食べてしまい、クヌギの木が再生しないのです。生えてくるのは、草食獣にとって毒のある馬酔木やシキビといった低木樹ばかり。
このままでは、里山が再生しません。そこでシカの届かない高さに切りそろえてもらいました。この春、何本からは新芽が生えてきました。
DSC07146
DSC07149
DSC07148
DSC07150

明日のハーフマラソンの準備?!

明日久しぶりにハーフマラソンを走るので今夜は下ごしらえです!?
DSC07013
今夜は、イノシシの肉で焼き肉です。白い油の部分がさっぱりした感じで何とも言えないおいしさ!
DSC07015DSC07017
DSC07016
ついでに赤ワインです!飲みすぎに注意します!
DSC07018
明日は6時には出発します。おやすみなさい!

最近の田舎不動産物件探しのユーザー様に思う!?

春になり、当社が取り扱っております田舎不動産物件に関する問い合わせや現地案内希望の方が増えてきています。
 この4月に入りまして、当社が主に掲載しています「田舎ねっと日本」や当社ホームページ、あるいは田舎暮らしの本や先に紹介いたしましたテレビ朝日系「人生の楽園」いつか暮らしたい移住地など、様々な媒体等によって、北は北海道はじめ都会の各地から問い合わせや資料請求、現地案内希望などのご連絡が来ております。
ただ最近思いますに、簡単に田舎暮らしができるのではと思われる方が増えておられるように思われます。
 例えば、お年を召されてから、旦那さまが亡くなられたので、独り身の生活を田舎でのんびり暮らそう と考えられたとか。どうもお聞きしていますと、車などで一人生活はしておられるご様子もなく、都会での生活状態のまま、田舎暮らしができると思われているご様子でした。
 田舎物件が安いのは、土地単価が安いことも然ることながら、建物の老朽化や維持費用が高額、公共施設や公共交通手段が無いなど、それなりのマイナス要因があるからなわけなのですが、どうも最近そのことが判断基準として無視されており、街中でみられる買い替えや借り換えなどの通常の住宅取引と同じように考えられている方が多いように思います。
しかしながら田舎暮らしの現実は、大雪や大雨、土砂崩れや浸水などの災害やシカやイノシシの獣害など様々な出来事が多い地域であることも事実なのです。
安い不動産物件であるがゆえに、改修費用が高額になるというのも当たり前の話なのです。どうもそこらへんのことをご理解されずに、「安い別荘でも買うわ」とする多くのユーザー様の感覚に危惧を抱いてしまうのは私だけなのでしょうか.
さてこちらは、真剣に田舎暮らしを始めたご家族のお宅の改修の様子です!?
DSC06993
お子様たちは近くの小学校に元気にご入学です。若いご家族の登場に地域の方も大喜び!
大きなお宅を大改造中!夏には素晴らしい飲食施設としても活躍されるかもしれません。こうご期待です!
DSC06988
DSC06994

薪・・究極の太陽エネルギー集約体・・古来からの蓄電池?! 

DSC06946
春になり、作業のしやすい季節になりました。本日は、薪づくりの第一歩。山からクヌギの木を運び出す作業を始めます。その前に、チェンソーと木の搬出の講習会を業者の方にしていただきました。
DSC06947
ところで、この樹木から作られます薪のことですが・・・ここで話が長くなります。
DSC07295
薪となるクヌギなど植物体である樹木は、光合成によって二酸化炭素を大気中より吸収し、太陽エネルギ―で光合成を行い自らの体を作っています。言わば、太陽エネルギーと二酸化炭素の集合体なわけですね。(もちろん水分等もありますが・・)
この樹木=薪を乾燥させると水分がなくなり、燃焼(酸化)させると、また熱エネルギーと二酸化炭素が大気中に放出されるというわけです。
 つまり、地中より産出された石油や石炭が新たに大気中に二酸化炭素を放出(増加)させるのと違い、樹木=薪の場合、大気中に放出される二酸化炭素量は、大気中より吸収した量だけ、大気中に戻されるだけなのです。つまり差し引きゼロというわけですね。
 薪を燃やしても、石油や石炭を燃やしても、同じように煙が出るから同じように考えてしまいがちですが、大気中の二酸化炭素放出についての考え方は、全く違った意味合いとなりますよね。
 いま太陽光発電で得られた電力エネルギーをなんとか蓄電しようとリチウムイオンなどの蓄電池が登場してきていますが、これも太陽エネルギーの集約器になりますよね。
 そう考えますと、「薪」というのは、古来から使われていた立派な「蓄電池」みたいなものですね!
 薪2本ぐらいで、灯油1L分ぐらいのようなので、立派なエネルギー蓄電池ですよね!
そう思うと、国土の7割が森林(樹木)である日本の国土には、素晴らしいエネルギーがたくさん眠っているのではと思います。アーもったいない!

飲んで遊ぶのが好きな会社です!この3か月から・・・

DSCN0024
今年から毎月、誕生月の人とお寿司屋さんのカウンターで私達「社長夫婦と飲む会」を開催しています。
DSC067891月誕生会 青葉寿司さんにて
DSCN00322月誕生会 青葉寿司さんにて
DSCN00903月誕生会 青葉寿司さんにて
昨年の忘年会、新年会、誕生会、駅伝の反省会と、飲み会で大変です!?
DSCN0002年末ボーリング大会と忘年会。
DSCN0021ぬいぐるみは私です。新年会にて
DSCN0089駅伝反省会

テレビ朝日「人生の楽園」の「いつか暮らしたい移住地」冊子に、当社民家奨励賞受賞写真が掲載!

DSC07522(3月14日発売)
2014年の日本民家再生協会より受賞の当社施工事例の民家写真が、テレビ朝日系の人生の楽園の冊子作成のスタッフの目にとまり、写真掲載をお願いされました。
福知山市夜久野町のM様のご自宅の写真です。このご家族もまた、明るいお子様たちと共に、都会から限界集落地域へ、まさに人生の楽園を求めてこられた若いご家族御一家です。
DSC07527
DSC07524

大、大、だーい嫌いな!野菜に挑戦!ベジタリアンをめざす?!

DSC07515
小さい頃より野菜の大嫌いな私が一念発起!只今、生ニンジンに挑戦中です。
嫌いな野菜:人参、セロリ、パセリ、ミョウガ、ウド、三つ葉、ホウレンソウの根、春菊、山菜、ふきのとう等々。この福知山の地に来た当初は、シイタケもフキ(いまだに水フキは苦手ですが)もダメでしたがだいぶ食べられるようになり、今ではしいたけは好物です。
未だにカレーライスの人参や、三つ葉のお吸い物などは つい避けてしまいます。
 そんな私が、今回低速ジューサーを購入!人参の生ジュースに挑戦です!
人参ジュースで若返りをはかりまーす。まだ、ちょっと飲むのに勇気がいります。
目をつむってしまいます。イッキ飲みです!
DSC07516
DSC07517
でもこれだけでは、とても飲めません!
そこでこれをプラス!すると人参のにおいも消えて。。。
OKです
DSC07518

廃屋直前の古民家をなんとか復活!厳しい半年でした!

057
当社の設計士Sさんと監督のTさん。二人はともに私と同じ60代!この二人がおられなかったら、この古民家は復活することはなかったでしょう。
059
誰もが、この家を再生?!と驚いたという。
DSC07448
DSC07453
今年度入社のKくんは、工事当初、驚きのあまり声も出なかったようだ。(先輩のS君曰く)
最初に入った大工職人さへも驚いたという。
そんな古民家をなんとか復活させました。贅沢な材料を使うわけでもなく、ごく普通の内装で仕上げ、多額の費用出費を抑えた再生住宅となりました。
DSC07309

DSC07477
071

DSC07458
冬は、雪が多く、合併浄化槽の設置に最後まで苦しめられながらも、弥生3月。やっと完成検査の日を迎えることができました。
DSCN4581
DSC07500
DSC07471
以前からあった丸太台を使用!
DSC07485
Tさんご苦労様!
DSC07481

40数年来の再会の同級生から届いたワサビ!うれし涙漬け!最高です。

IMG_20150304_065223
この冬に千葉・成田で高校卒業以来に再会した中学の同級生の友が、仙台から様々なワサビの品を送ってきてくれました。
IMG_20150304_065021
 いま彼は震災のあった宮城の山間の地でワサビの栽培と販売をする会社の代表をしており、facebookでの私のリクエストに応えて送ってくれたのです。
 私も36年前の春この北近畿に赴任し、山間地に来て初めて食した、このワサビ漬けに感動したものです。以来春になるとこの、ツーンとくるワサビの味が忘れられなくなっていました。友のfacebookのワサビ漬けの掲載に、思わず〔食べたい!〕と書き込みを入れたところ、このようなワサビセットが送られてきたのです。大きなワサビの根と白いきれいな花、そして、最高にツーンとくるワサビ漬け!その名もなんと!!「うれし涙漬け」!その名の通り、今までで一番ツーンと来た、まさに「うれし涙」の出る絶品でした。
IMG_20150304_070426
S君ありがとう!
なお、このワサビ仙台駅でも販売されているようです。その名も「薬萊山葵栽培園」(宮城県加美町)です。すごーく美味しかったです!
IMG_20150304_070514

3月1日、福知山市民駅伝!

110数チームが参加した市民駅伝!雨の中の厳しい大会になりました。
当社キシシタ火木土チームの参加は今年で3回目。
一番手は、新人で京大工学部新卒のK君。オレンジの帽子と茶色のTシャツが我がチームのユニホーム。
DSCN0037
そして2番手は、土木部のA君。初めての参加だが、よく頑張りました!
DSCN0051
そして3番手は、3年連続出場、一級建築士のMさん。練習もせずよう頑張りました。
DSCN0055
そしてアンカーは私。毎年競い合っていますAさん家族に今年はリベンジ!最後に私が抜きました!
DSCN0069
DSCN0074
そして反省会は、豪華焼肉です!
DSCN0083
来年は2チーム作ろうかな?反省会が大変だ!
a href=”/wp-content/uploads/2015/03/DSCN0088.jpg”>DSCN0088
DSCN0089

今日で2月も終わり!薪づくりしています!

まだまだ寒いですが、1〜2年先の薪を作っています。
昨年暮れにいただいた桜の木とメープルの木を割っています。
DSC07321
結構大きな桜も大丈夫!
DSC07317
⇒⇒
DSC07320
先日までの薪もなくなり、新しい薪を積み上げています。
薪のほしい方、一緒に薪づくりしませんか?
DSC07322

木を動かす道具!鳶(トビ)口と木廻し(角廻し)!

DSC07300
そろそろ薪づくりを始めます!大きな木を動かすための道具を購入しました。大きな木を回す「木廻し(角廻し)」と「とびぐち」です。
道具を山の中でよく紛失するので、焼印を付けておきました。
DSC07301
DSC07302
蔵漆と書いて「クラシック。。」古材を使用した当社の住宅名に使っています。
DSC07303
DSC07304
こんな大きな木を動かします。この木は桜とポプラです。
DSC07293
こんな大きな木を割るにはこの薪割り器が必要!こんな広葉樹を燃やすまでに2年はかかります。
DSC07290
DSC07291
安く薪を供給できる方法が緊急に必要ですね。針葉樹は乾燥が早いです!燃焼時間も短いですが。。
2年目の薪だなです!
DSC07296

雪のお地蔵様!

DSC06807
この冬一番とか?寒いですよね。本日この福知山の山々も真っ白けです。
当社の土木部の社員も大半は除雪に出動中!
IMG_20150209_065249
夏の地蔵盆には大活躍のお地蔵様方。本日はとても寒そうです!赤い前掛けが雪の中で鮮やかに見えます!
DSC06806DSC06804

今日で月終わり。寒かった山陰の1月。

東経135度9分北緯35度18分の1月の風景
DSC07242
DSC07257
今日で2015年の1月も終わりです。今年は年明けから雪が降り寒い毎日が続きました。晴れ間が見えたのはわずか数日。雪も山もスキーができ、好きな私ですが、この山陰の曇天の寒さは好きになれませんね。 1月元日の朝に写した風景の空は青くきれいです。
東経124度9分北緯24度20分の1月の風景
DSC06768
DSC06780
同じ日本ですが、1700㎞近く離れた石垣の空も青くきれいでした。同じ国の冬とは思えませんよね。

2015年石垣島マラソンの記録


今年も石垣島マラソン。妻と二人で挑戦しました。二人とも完走です!
DSC06765
DSC06764
DSC06785
フルマラソン完走者1474名中私は758番目。妻は1358番目でした。
DSC06783

2冊の本!

DSC06758
最近これらの本を読みました。
1冊は以前に発行された「限界集落株式会社」の続編「脱限界集落株式会社」。話の中味は、それほどすごいものではないのだが、今の若者世代の心のありようの一部がうかがい知れるような気がした。そんな若者達が、この京都北部にも流れて来ているような気がしている。この「限界集落株式会社」がテレビドラマ化されたようだ。1月31日の夜から5回にわたりNHKで反町隆史主演で放映されるとのこと。楽しみに見ることにしよう。
 そしてもう一冊は、あの少女マララさんの本。こちらは、とにかくすごい。年若い少女の考えとは思えない洞察力と判断力が各所に感じられる。彼女たちの生きているイスラム世界。タリバンとの出来事が、今日本にいる同じ世代の若者たちにどれだけ想像できるのだろう。戦前戦中世代の戦争を体験した方々はともかく、戦後生まれの私たちも、彼女たちのおかれてる世界を理解するのはなかなか難しい。そんな中、「イスラム国」の事件が勃発。イスラム教についてもあまり知識がなかったが、この「わたしはマララ」を読み、イスラム教と生きる世界の方々の一部を垣間見ることができたように思える。

ヴィンテージの缶 made in chicago

本日、久しぶりにストーブの掃除をしました。いつも灰を捨てるために利用する鉄の缶。
どこかの家の解体の時に持って帰ったものを利用していたのだが。。。結構年代ものなので磨いてみることにしました。
IMG_20150111_160645
底のサビを落とすと made in chicago Use の文字。作成は1939年7月24日らしい。NILSON&BENNETTという会社製らしい。太平洋戦争勃発前のものだ。
IMG_20150111_164052
磨いてみると
IMG_20150111_163817
ストーブのそばにおいてみました。
IMG_20150111_164502
木でも革靴でも、鉄でも、古いものを磨くのが好きな私。。