スキー場に雪がない!!横手・熊の湯編・・

DSC06781

今年の連休のスキーは熊の湯・横手のスキー場を目指しましたが、先週までの温かさで雪は消えてしまっています。昨夜は大雨、平均年齢70歳代に近いメンバー5人組のスキー旅。途中猿のいる地獄谷へ。DSC06758DSC06761DSC06771今日は熊の湯温泉にゆっくり浸かって、明日は横手山。渋峠のあたりで滑ることにします!

連休なのに、私たち以外、人のいないスキー場、人のいないレストラン。

 

 

新築物件の社内検査!

DSC06348やはり室内は無垢の木材と塗壁がいいですね!DSC06345DSC06344DSC06338でも子供部屋は、こんなデザインが喜ばれるようです!DSC06323DSC06325

本日、炭焼き窯移転後初めての炭焼きです!

DSC_0230

今回、炭焼き窯完成後初めての火入れです!今回竹も少し入れてみました。木炭、竹炭混合です!

DSC_0218DSC_0219DSC_0225

今回、窯の煙突には薪ストーブ用の煙突を奮発です!水蒸気煙の出がいいです!

DSC_0227

一週間面倒見ています!お暇な人はおいで下さい!DSC_0231

謹賀新年!今年は社員に手作り弁当です!

DSC06253

今年は5日から現場に出る社員もいるため、全員におせちの手作り弁当をしてみました。早朝5時から9時まで4時間かかってやっと完成!それでも、カニ寿司とおせちの単価高い料理となりました。お手伝い2人と3人がかりで盛り付けました。社員一丸となって今年一年頑張っていただけるように心を込めて作成いたしました。DSC06251DSC06246

 

DSC06247DSC06248DSC06253

この秋、古民家再生現場検査。第1弾!

DSC00582

晩秋の青い空!小春日和の古民家は抜群の風情!半年ぶりに生まれ変わった古民家に新たな息吹を感じた現場検査!今回は舞鶴・・・次回は綾部にて・・

DSC00526DSC00562DSC00545

施主様の希望でちょっと変わったことも・・・もちろん強化ガラスです。

DSC00576DSC00577

DSC00583DSC00561

寒い中、何とか完走できました!

いやあ!参りました。あの寒さ。寒がりの私にとっては最悪のコンディションでした。何度収容バスの中に入りたいと思ったことか?沿道の皆様の声援のおかげで、何とか無事完走しましたが、沿道でも倒れて救急のお世話になっている光景が幾度もあり、他人ごとではない感覚で走って(いや歩いて)おりました。もう少し温かい地域のマラソンが楽ですね。次は、高知の竜馬マラソンに挑戦です。懲りないヤツです。DSC00525DSC_0181

お寺の山門の改修!

最近、お寺の改修工事にご縁があります。古民家再生をしているご縁からでしょうか?匠の技が必要です!大工棟梁に感謝!感謝です。

DSC06185DSC06178DSC06187DSC06186

 

淀川市民マラソン完走!

もうすぐ福知山マラソンがあるため、少し無謀とは思いましたが、練習を兼ねて淀川市民マラソンに出場してみました。このマラソン大会、文字どおり市民マラソンとして全国一のおもてなしを目指しての大会のようです。制限時間も7時間とプレッシャーのないのがよかったようです。ハーフとフルを合わせて14000名余りの参加者は素晴らしいですね。

DSC_0148DSC_0146

今回は、私たち夫婦と当社の担当税理士のHさんと3人で出場!彼も福知山マラソンを目指しての出場でした。

DSC_0147

この大会何といっても素晴らしかったのは、金メダリストのキューちゃんこと高橋尚子さんの応援でした。朝の9時のハーフーマラソンの応援に始まり、夕方のフルマラソンの選手が帰ってくるまで、出場選手全員に明るくハイタッチで応援というすごさ!彼女は金メダリストの中でも最上級の方のようですね!おかげで最後の500mゴールまでエネルギーをいただき気持ちよくゴールすることができました。ありがとう!!!

DSC_0149

 

台風被害後の炭焼き小屋と炭焼きのその後。。

これは炭焼窯を撤去した後の炭づくりの跡です。土砂を取り払い窯(鉄製のもの)を撤去した中からでてきた炭なのですが・・・

DSC_0022DSC_0021

残念ながら、今回の炭づくりは、煙道が土砂でふさがれていたため、3分の1もできず失敗に終わりました。これが、使用可能な炭です。

DSC_0024

バーベキュー等には十分使用できますがね・・・・さて炭窯を移設いたします。

DSC_0026DSC_0037

今度は災害の少なそうな場所に移設です。

DSC_0040DSC_0046DSC_0047DSC_0049

未だ施工途中ですが、釜口を作成すれば再び炭焼きは再開できます。

DSC_0065DSC_0066DSC_0067

昨日、釜口を耐火煉瓦で積みました。着実に進化しています。

DSC_0117DSC_0116

今後は屋根もつけて炭焼き小屋らしくしていきます。

お寺本堂の落成慶讃法要にて!

多分、このような式典に出席させていただくのは最初で最後になるでしょうが。浄土真宗のお寺の新築工事に参加させていただいたおかげで、一連の儀式を目の前で拝見させていただきました。ちなみにこの本堂、建築制限のある都市計画地域ではお目にかかれない昔からの伝統的建て方(石場建て木構法などと言われています)で、今ではほとんどお目にかかれないこのクラスでは全国的にも珍しい新築(!)建物となっています。(全国、京都市をはじめ建築制限の多い都市計画区域では、必ず耐震のための何らかの鋼材等の補強が必要なため。この建物の地域は都市計画区域外。)DSC05970 DSC_0069DSC_0077

全てが金ぴかです!ここで最初にお稚児さんの登場!

DSC05980

そして雅楽の演奏により始まりました!

DSC06008

多くの浄土真宗の僧侶によります読経の始まりです!

DSC06015

荘厳な雰囲気の中、有意義な儀式を拝見させていただきました。合掌!

DSC06017

 

 

蛭ヒルに悩まされての除草ボランティア!ふるさと絆ネット!

今年も2回目の除草ボランティア(ふるさと絆ネット)作業を社員たちと実施しました。今回の作業区域は福知山北部夜久野町金尾地区。朝8時に集合すると、各家々から大勢のお年寄りが集まってくれました。今回の除草作業場所は、地元の人たちが「水仙の里」としている場所で、春には一万本近くの水仙が咲くそうです!

RIMG2319

今回の場所は時期的にも「蛭ヒル」が多いとのことで、休憩をしていると、ナント足元から長靴をつたわり、いたるところからウジャウジャと発生してくる。こんな体験も初めて。あらためてシカなどの野生動物の増加と出没箇所での蛭ヒルの発生に驚かされました。休憩もそこそこに除草作業に。3時間余りの時間でしたが、水仙の里の除草作業は無事終了いたしました。DSC_0056DSC_0057

この写真の和泉部長は長靴の中に蛭に入り込まれ、足が血だらけになっていたとのことです。地元のおじいさんたちも元気に手伝ってくれました。

DSC_0060