木を動かす道具!鳶(トビ)口と木廻し(角廻し)!

DSC07300
そろそろ薪づくりを始めます!大きな木を動かすための道具を購入しました。大きな木を回す「木廻し(角廻し)」と「とびぐち」です。
道具を山の中でよく紛失するので、焼印を付けておきました。
DSC07301
DSC07302
蔵漆と書いて「クラシック。。」古材を使用した当社の住宅名に使っています。
DSC07303
DSC07304
こんな大きな木を動かします。この木は桜とポプラです。
DSC07293
こんな大きな木を割るにはこの薪割り器が必要!こんな広葉樹を燃やすまでに2年はかかります。
DSC07290
DSC07291
安く薪を供給できる方法が緊急に必要ですね。針葉樹は乾燥が早いです!燃焼時間も短いですが。。
2年目の薪だなです!
DSC07296

雪のお地蔵様!

DSC06807
この冬一番とか?寒いですよね。本日この福知山の山々も真っ白けです。
当社の土木部の社員も大半は除雪に出動中!
IMG_20150209_065249
夏の地蔵盆には大活躍のお地蔵様方。本日はとても寒そうです!赤い前掛けが雪の中で鮮やかに見えます!
DSC06806DSC06804

今日で月終わり。寒かった山陰の1月。

東経135度9分北緯35度18分の1月の風景
DSC07242
DSC07257
今日で2015年の1月も終わりです。今年は年明けから雪が降り寒い毎日が続きました。晴れ間が見えたのはわずか数日。雪も山もスキーができ、好きな私ですが、この山陰の曇天の寒さは好きになれませんね。 1月元日の朝に写した風景の空は青くきれいです。
東経124度9分北緯24度20分の1月の風景
DSC06768
DSC06780
同じ日本ですが、1700㎞近く離れた石垣の空も青くきれいでした。同じ国の冬とは思えませんよね。

2015年石垣島マラソンの記録


今年も石垣島マラソン。妻と二人で挑戦しました。二人とも完走です!
DSC06765
DSC06764
DSC06785
フルマラソン完走者1474名中私は758番目。妻は1358番目でした。
DSC06783

2冊の本!

DSC06758
最近これらの本を読みました。
1冊は以前に発行された「限界集落株式会社」の続編「脱限界集落株式会社」。話の中味は、それほどすごいものではないのだが、今の若者世代の心のありようの一部がうかがい知れるような気がした。そんな若者達が、この京都北部にも流れて来ているような気がしている。この「限界集落株式会社」がテレビドラマ化されたようだ。1月31日の夜から5回にわたりNHKで反町隆史主演で放映されるとのこと。楽しみに見ることにしよう。
 そしてもう一冊は、あの少女マララさんの本。こちらは、とにかくすごい。年若い少女の考えとは思えない洞察力と判断力が各所に感じられる。彼女たちの生きているイスラム世界。タリバンとの出来事が、今日本にいる同じ世代の若者たちにどれだけ想像できるのだろう。戦前戦中世代の戦争を体験した方々はともかく、戦後生まれの私たちも、彼女たちのおかれてる世界を理解するのはなかなか難しい。そんな中、「イスラム国」の事件が勃発。イスラム教についてもあまり知識がなかったが、この「わたしはマララ」を読み、イスラム教と生きる世界の方々の一部を垣間見ることができたように思える。

ヴィンテージの缶 made in chicago

本日、久しぶりにストーブの掃除をしました。いつも灰を捨てるために利用する鉄の缶。
どこかの家の解体の時に持って帰ったものを利用していたのだが。。。結構年代ものなので磨いてみることにしました。
IMG_20150111_160645
底のサビを落とすと made in chicago Use の文字。作成は1939年7月24日らしい。NILSON&BENNETTという会社製らしい。太平洋戦争勃発前のものだ。
IMG_20150111_164052
磨いてみると
IMG_20150111_163817
ストーブのそばにおいてみました。
IMG_20150111_164502
木でも革靴でも、鉄でも、古いものを磨くのが好きな私。。

2015年の始まり!

あけましておめでとうございます!早速社屋前から初詣に出発です!
DSC07208
早速教念寺様で除夜の鐘つき>
DSC07221
そしてマイナスの朝!DSC07239
DSC07250
DSC07257
元旦のジョギング完走です!

やはりMade in japanが いいね!

今年の春の終わりに買ってしまった本格的ダウンジャケットがいい!なんといっても日本製。デサントの水沢ダウン。最高です!
DSC06673
DSC06674
実は35年前に買ったZANTERという日本製のダウンジャケット。
DSC06669
DSC06670
当時、南極観測隊やヒマラヤ探検隊も使用ということで買ったのですが、未だに現役で使えます。よく引っかけてしまい、補修だらけですが、実に暖かい。いや暖かすぎです。補修すれば、いつまでも使えます。古民家と同じですね。やはり、MADE IN JAPAN ですかね。
DSC06671
DSC06672

深まる秋!

DSC07525
古民家の隣に、もうすぐ新築のお宅が・・・見学会予定してます!
DSC07527

これは何でしょう?!ナント・・・・・

DSC07168
大きなお宅のリノベーション工事とストーブ工事をさせていただいた社内検査の日です。
DSC07150
DSC07170
工事後の玄関前。当社女性スタッフの後ろに何やら?小さな窓!ができました。
これは何?!
DSC07169
そしてストーブの火入れの日。暖かくなった部屋に一匹の猫ちゃん!
PB110097
なんと、このお宅の猫ちゃんの玄関だったので-す!!!!
IMG_8382

何度目の大改造?!大きなお屋敷の再生工事

DSC07513
最初の屋根はかやぶき屋根。それから数十年後に瓦屋根へ。その大改修が行われたのが7〜80年前とのこと。
 今回もまた大改造が行われ、歴史ある民家が残れます。これぞ古民家、再再生!
DSC07512
DSC07515
DSC07517
漆喰の壁には、かやぶき屋根当時の梁か桁の端部が名残として残っていました。
DSC07510

民家フォーラム2014in鳥取!

DSC07057

11月1日(土)、鳥取の大山の麓で行われましたJMRA主催の民家フォーラムに参加してまいりました。
 当日は、民家奨励賞の授賞式もあり、今回当社が4軒の民家が受賞されたこともありましたので、翌日の大山登山も視野に早朝より車で出発。
国道9号線をひたすら西に向かって車を運転すること3時間半で到着。
会場での収穫は、広島の福山で工務店を経営しておられる野島さん達による、今はほとんど見られなくなった、手斧(ちょうな、チョンナともいう)によるハツリの映像です。
DSC07041
DSC07064
DSC07065
DSC07067

またと無い、建て前日和!

DSC06948
寒い朝!霧がはれ、遠くに山並みが見えてきました。秋本番です。
DSC06922
息の合った二人!
DSC06968
見上げる監督その1
DSC06908
見上げる新人!その2
DSC06909
至福の一服!
DSC06935
もうすぐ上棟!
DSC06976
小さなギャラリーたち!
DSC06987

焼き芋屋さん!火木土?!・・福知山産業フェアにて。。

DSC07470
二年ぶりに復活の福知山産業フェア。薪ストーブショップ火木土として、初めて産業フェアに参加です。
その姿は「焼き芋屋さん!」
DSC07452
まずは焼き芋の準備から。薪ストーブで焼く焼き芋は、濡れた新聞紙とアルミホイルが決めてです。
そして何よりも、「火が命!」準備万端です。
DSC07449
DSC07463
何しろ、二日間で6〜7万人が訪れるという福知山では大イベントです。地元キャラクターも登場!
DSC07478
焼き芋売りも大事なのですが、目的はあくまでも「薪ストーブの宣伝」です。
DSC07451
火木土も、開業3年。随分地元の皆様にも知られてきたようです。リニューアルのイベント告知も怠りません。
DSC07467
ところが、2日目。焼き芋の大きさが小さいので、「2本100円」にした途端。大変な事態が・・10本を焼くのに15分から20分かかるのですが・・購入者殺到です。
DSC07475
ついに予約をしていただく事態に・・・
DSC07476
DSC07479
暑い2日間で、熱い焼き芋を700本近く焼き続けました。・・・お客様ありがとうございました。
私は、ライオンズで400ml献血し、宅建業協会のコーナーにも・・ちょっとハードな2日間でした。
DSC07458
DSC07453

現場パトロール!

久しぶりの晴れの一日。建築の主要な現場を歩いてみました。
まずは、夜久野のH様邸。大きなリノベーション工事です。薪ストーブにチムニー(ストーブ煙突部)もあります。
DSC07382
DSC07393
今は、薪ストーブの炉台部を作成中!
DSC07391
DSC07378
DSC07377
次に向かったのは、先日上棟を済ませたK様邸。大工さんも気持ちよさそうに作業をしていました。
DSC07398
そして次に向かったのは、街なかのA様邸。もうすぐ上棟を迎えます。当社は街なかでの工事受注が弱いのですが。。。。
DSC07400
DSC07403
さてこの辺から、宮津に向かいます。と言っても、大江山スキー場に向かう歴史街道沿いです。
DSC07405
DSC07408
少し、完成に向けて前進です!
DSC07409
DSC07423
DSC07421
また福知山市内に戻り、こちらも新築の現場です。
DSC07434
こちらのお宅は、内部の仕様が自然素材中心です。断熱は羊毛製品。接着剤も天然のり。シロアリ駆除剤も安全な「ホウ酸」で処理しています。室内壁もサンゴの塗り壁、そして無垢の床材です。
DSC07426
次に向かったのは、再び古民家再生の現場。来月には見学会を検討しています。
DSC07442
DSC07439
パトロールの最後は、わが社の薪ストーブショップ火木土。久しぶりに改装いたします!
DSC07446DSC07445
DSC07444
お楽しみに!

ちょっと勇気がいりましたが、歴史ある街道沿いの古民家再生です!

DSC07326
誰もが、この古民家を再生?!と、驚かれるこの古民家は、旧宮津街道(京街道の延長)にありました。今でも一部に石畳の道が残るという歴史ある街道沿いです。
当社が7年前に手掛けた勅使の古民家より少し手強い建物です。
当時の勅使の古民家です。
DSC00628
当時こんな状態から始めたものです。
DSCN0650
DSCN0648
今回もこんな感じで始まっています。
DSC07328
DSC07309
この時も屋根部分を残して全て柱から補強していきました。
今回、この再生を決断した白井課長(1級建築士)。屋根の骨組みの状態がしっかりしていたので大丈夫と涼しい顔です。大工さんも建て方の補正と補強に力が入ります。DSC07332
この古民家の残る風景が素晴らしく、何とも言えません。今では数軒の集落ですが、この古民家の施主様は、本業の傍ら、高齢化の進む地域の田畑のお世話を一身に背負っておられます。
DSC07327
再生後が楽しみです!やがて、大江山に雪化粧が見られる頃、またご紹介させていただきたいと思います!
この美しい風景と歴史ある街道を紹介しておられるブログを見つけました。
上宮津地域会議という名称で、この京街道の延長。旧宮津街道・普甲峠の登り口、中の茶屋を紹介するお宝マップコーナーがありました。
http://kamiyazuchiiki.blog.fc2.com/blog-category-4.html
です。

10年点検!ちょっと感動です!

新築10年目のお客様の点検をさせていただきました。
10年も経過するのに、新築検査のような美しさ!こんなきれいな10年目のお宅は初めてです!
玄関を入って美しさに感動!
DSC07299
DSC07271
DSC07282
曲線の壁!これは大工さんも左官屋さんも苦労したなあ。
DSC07274
DSC07280
トイレも曲線!ちなみに左の柱は楕円の柱です!
DSC07276
外壁も曲線!
DSC07303
ついでに石垣や塀もウエーブで遊んでいます!石工さんはセオリーではないと怒っていましたが。・・
DSC07294
この玄関戸、よく見てください!建具職人の苦労の結晶です!わかるかな!
DSC07301
感動の10年点検でした!