薪ストーブ代理店会議!160年の歴史ネスターマーティン!

s-20130601080806761_0001
今年の五月は、日本本土の気候でさまざまな体験をさせていただいています。連休の3・4・5日と雪の降る青森八甲田スキーの体験から3週間後に、早や関西地方は梅雨入りだとか?!そんな、5月末の昨日。早くも、この冬に向けてのストーブの講習会と新製品の発表会です。当社で扱っていますストーブのメインの一つでありますベルギーのネスターマーティン社の輸入元ネスターマーティンジャパン主催の代理店会議が京都で行われ、当社からも私を含め4名が参加してまいりました。
s-20130601080806761_0002
 
s-DSC00401
「今薪ストーブの世界にも新しい風が吹いている」とあいさつに立った川上京阪エンジリアニング社長につづき、「世界的にも変革が見られる」と語ったネスターマーティン社クリス氏。この冬は、薪ストーブ業界にも面白い風が吹くかもしれませんね。
そこで早速日本では、「エコポイント」ならぬ「木材利用ポイント」という制度が!?・・各ストーブメーカーでは、現在関係機関に申請中です。7月より来年の3月末まで実施される予定です。薪ストーブを購入しようとしている皆様お楽しみに!
s-DSC00405
s-DSC00408
 
新製品御披露!
s-DSC00429
 
s-20130601081224477_0001
 
熱心に聴く当社社員、村岡氏!
s-DSC00470
皆熱心に質問しています!
s-DSC00475
 
s-DSC00443
 
s-DSC00479
 
煙突の取付の講習も!寸劇調の講習で面白かったです!
s-DSC00453
 
s-DSC00464
s-DSC00465
 
分解もその場でご披露です!
s-DSC00488
 
木材利用ポイント!おたのしみに!

共生!自然との共生!施主様との共生!

s-DSC04034
今回の社内検査の現場はちょっと特異なケースのお宅でした。施主様の思いがすべて生かされたプロジェクト。業者ではできない大胆な発想!自然の山の草木を生かし、崖?!を生かした建て方!都市計画区域ではできない手法の数々!当社の山崎課長もひやひやしながら現場管理を楽しんでいたようです。できてしまうと、検査員皆が感心するほど徹底したバランスの良いお宅になっていました。100%施主様の魂が入った家です。こんなコラボはそうないでしょうね!
●中村女史が紙の模型を創って施主様の思いを立体的に表現したのがちょうど一年前です!
s-013s-005
 
本日はその建物の社内検査です。検査員も施主のセンスに感無量!
s-DSC04036
 
さてそのお宅とは!?
s-DSC04003
 
外構工事はまだなのですが・・・家の中は完成です!
s-DSC04004
s-DSC04009
 
s-DSC04025
s-DSC04031
 
外のデッキから下は急斜面です!下の道路が見えますネ!
s-DSC04024
 
s-DSC04028
 
斜面から生えている木々と建物はすでに共生しています!
s-DSC04037
 
こちらのバスルームもユニークですよ!
s-DSC04029
 
中はこんな大胆なことが!
s-DSC04042
 
いずれ施主様のご承諾を得ておひろめ会を!と考えております。

赤い宝石!さくらんぼの摘み取り!

s-DSC03988
本日朝起きまして、ふと外を見ますと、収穫時期をむかえたさくらんぼの木に、ヒヨドリらしき鳥が、網をくぐって実を食べていました。あわてて、サクランボの取入れを開始!、昨年はすべて取りに食べられてしまい、今年は、1日かかって網をかぶせておいたのです。
しかし、敵もさるものです。小さな隙間を見つけたようです。こちらも早速、摘み取り開始!
DSC03989
 
1時間かかりましたが、たくさん取れました。
s-DSC03991
s-DSC03995
s-DSC03999
 
味は、市販のものに劣りますが、まずは初物としていただきました。多すぎまして、じゃむにでもしょうかな!?
来年は、サクランボ狩りを企画したいと思っています。おたのしみに!

あしびな(遊びの庭)プロジェクト!

s-DSC03873
“あしびな”とは、沖縄方言で「遊びの庭」ということ。
そうです!あそびの庭をつくろうというプロジェクトなのです。場所は福知山市の勅使の里山!現在、クヌギと竹の生い茂る山なのですが、10年ほど前から少しずつ整備を始めており、現在薪づくりや炭作りの拠点としています。鹿やイノシシ、時には熊も?!多く生息し、里山は荒れる一方です。大きくなりすぎたクヌギや樫の木を切り倒し、昔ながらの里山にしようとしています。ゆくゆくは遊歩道をと考えています。
一角には、むかしむかしには学校があったという広い場所があり、眺めが最高です!ここで見晴らし台をつくり、ミュージシャンや子供たちも呼んでコンサートをしようという話が持ち上がりました。
奄美出身の坂元さん夫婦(奥様のご両親の故郷は沖縄)。そして沖縄出身の親父の血を引く私と妻。三線の会でのご縁からミュージシャンの足立さん達や福富さん、kamokudoの村岡氏などが集まり、最初の結成会が、この勅使の山のふもとの私の隠れ家で行われました。
田舎暮らしにあこがれる人たちに田舎の良さや都会ではできないことを体験していただく場所や企画を提供しようというプロジェクトです。最初は夏のコンサート用の舞台造りから始まります。興味ある方はご連絡くださいね!
場所はこの山!
s-DSC03927
 
昔の学校があった場所に舞台を造る計画です。
s-DSC03889
 
s-DSC03890
 
眺めは最高です!現実に見ていただいたほうがもっと良いかも!
s-DSC03897
 
s-DSC03891
 
ツリーハウス(木の家)も考えています。こんなところに!
s-DSC03904
 
隠れ家には炭焼き小屋、薪小屋、露天風呂など。様々なことが楽しめますよ!
s-DSC03874
 
s-DSC03880
 
s-DSC03878
 
s-DSC03581s-DSC03903
 
一度勅使へ、いらっしゃーい!

今年の5月連休は最後まで天候にヒヤヒヤさせられました!

4日目の青森八甲田でしたが、ラッキーなことに午前中だけ晴れ間が見えました。
しかしながら、ロープウェーは強風で中々運行しません。待つこと1時間。やっと運航開始です。
早速頂上へ、強風の中、届を出して束の間のツワーへ。あの積雪量で有名な酸ヶ湯温泉までのスキーです。
s-DSC00318
 
s-DSC00322
 
早速、ツワー開始!
s-DSC00323
 
s-DSC00325
s-DSC00334
 
s-DSC00335
途中、滑ってきたコースを振り返ります。
s-DSC00339
あっという間に酸ヶ湯温泉が下に見えてきました!
s-DSC00344
最後の壁を滑り降ります!
s-DSC00347
s-DSC00355
 
s-DSC00360
短いツワーでしたが、今回やっと満足の一瞬でした!
s-DSC00361
天気予報通り午後は雨!フライトまでの時間つぶしに、ねぶたの里へ!
s-DSC00374
一緒にお祭りの一部を体験させていただきました。
s-DSC00380
 
s-DSC00387
ちなみに「ラッセイ ラッセイ ラッセイラ!」という掛け声は「良成 良成 良成ら!」=よくなる よくなる よくなるよ という意味だそうです。
そして、青森空港で、また天候にドタバタさせられました。雨のため視界不良で、大阪からの便が到着できない場合は、欠航とのこと。ここは腹を決めて待つことに。幸いにも、何とか飛ぶことができ帰ってまいりました。めでたし!めでたし!

天候が悪く今日は弘前城の桜見学です!

期待した3日目も八甲田は雨です。やむなく、奥入瀬を通って十和田湖経由で弘前市へ。
桜見学ですが、すごい人です。花見期間中だけで、250万人だそうです。スゴイですね!
s-DSC03761
 
今年は寒くてまだ7分咲きです。
s-DSC03764
 
s-DSC03772
 
それにしてもスゴイ人・人・人です。
s-DSC03770
 
s-DSC03766
 
NHKのカメラもでていました。
s-DSC03773
 
天気が回復してきたので、八甲田に帰ります。
途中、面白いお蕎麦屋さんに遭遇!なんと昔の小学校校舎でした。
s-DSC03823
 
s-DSC03821
 
s-DSC03794
 
職員室がお蕎麦屋さんになっていました。教室でそばを打っているようです。
s-DSC03813
 
s-DSC03814
 
s-DSC03809
 
体育館にはこんなものが!?
s-DSC03805
 
s-DSC03806
 
s-DSC03804
 
s-DSC03807
 
s-DSC03808
 
s-DSC03818
 
「おもしえ学校」とは「おもしろい学校」という意味だそうです。面白そうな雰囲気でした。
3時ごろからは再び八甲田ロープウェーで再び頂上へ。今日も頂上は霧がかかっていて何も見えませんでした。一本だけ滑り降りて本日は終了。明日のわずかな時間に期待です。

ただ今、八甲田山にスキーに来ています!

昨日から八甲田山にスキーに来ていますが。、天気が悪いです!山頂は吹雪いています。
s-DSC00308
 
s-DSC00314
 
s-DSC03681
 
s-DSC03679
 
教念寺の矢野住職…60歳の私が一番若い!
 
s-DSC03684
s-DSC03686
青森空港からレンタカーでロープウェーに到着
s-DSC00306
 
s-DSC00304
 
宿泊場所は、吉田タクローの「旅の宿」のモデルとなった「蔦温泉旅館」
s-DSC03663
 
s-DSC03674
 
近くの風景!
s-DSC03728
 
s-DSC03719
 
ついでに今年大雪で度々話題になった酸ヶ湯にも行ってきました!
s-DSC03697
 
s-DSC03703
 
大勢のお客さんでした!明日こそいい天気になーれ!

可動堰!一時(一時)川の流れが止まった!

 
s-DSC03627
s-DSC03662
当社の土木部の仕事中に、川の流れが一時的に止まる珍しい出来事に出合いました。
大きな川から水を引くためにつくられた古い堰の撤去と新たに造られた堰の可動時の出来事を動画にしてみました。水の流れが止まり、ゴム製の起伏堰(通称ラバーダム)の上からあふれ出るまでのしばらくの間(約2時間半)の風景です。

隠れ家で社員親睦の宴!久しぶりの五右衛門風呂も!

s-DSC03581
連休前の27日の夕方から、久しぶりの社員親睦のバーベキューパーティーを勅使の隠れ家で実施。花見の宴が伸びて月末の土曜日になってしまったのでした。中々全員出席とはいかなかったのですが、それでもまだ肌寒い中で暖をとってのバーベキューでした。
久しぶりの宴の前に、五右衛門風呂を用意!夕方から火をつけておきました。やはり、五右衛門風呂はめちゃくちゃ気持ちよかったあ!
s-DSC03586
 
s-DSC03587
 
s-DSC03588
 
和泉課長の焼きそばの味は抜群です!
DSC03597
 
その課長が指にトゲを刺したようです。それを山崎課長が抜いてあげています。
s-DSC03594
 
でも中村女史のほうが嬉しそうです!
s-DSC03596
 
そして暗くなって、いよいよ五右衛門風呂!
s-DSC03605
そして私も!最高です!皆さん、入りに来てください!
s-DSC03603
 
 
 

無住のお宅は大丈夫か?!シロアリ駆除!腐朽菌対策!

先日来、度々古民家の売却を希望されているお客様のお宅を調査させていただいています。ところが立派なお屋敷なのに、近年改修した床がブカブカしているのが気になり、床下を調査させていただきました。
無住のお屋敷ではありますが、度々家を空けて通気させておられたようです。しかし、床下の換気が不十分だったようです。特に、改修されたキッチンや応接間の床がブカブカになっており、床が低く、換気口がほとんどない状態の場所が一番痛んでおりました。
点検口もなく、床が低く人間が入れないため、やむなく床板を撤去してみました。案の定、蟻道もみうけられ、湿気の多い場所は、シロアリより、ある面では程度の悪い、カビの一種「腐朽菌」でした。湿気の多い場所に発生します腐朽菌にやられますと、木材がカステラのような状態になってしまいます。シロアリ、腐朽菌、どちらも通気さへ十分にできていれば防ぐことはできると思われます。
 あなたのお宅は大丈夫でしょうか?・・・                     
ブカブカの畳をめくってみると・・こんな状態です!
s-DSC00252
やむなく床まで撤去しました。床下は通風状態の良くない炬燵跡がありました。レンガブロックの壁に脈のようになっている筋が蟻道です。シロアリは顎が強く、多少のコンクリのすきまも壊します。
s-DSC03497
床の低い台所などの場所は人が入れませんので、床を切り取って空けるしかありません。
s-DSC03494
s-DSC03496
床をめくって床下の四方を撮影してみると、換気口はわずかに1か所、しかも小さく塞がれています。
s-DSC03500
そしてもう一方を見ると、湿気が多い状態で立ち上がる束に一筋の蟻道が・・・見えますか?!
s-DSC03499
s-DSC03498
ほかの場所も換気が悪く、湿気の多い場所には、真っ黒なカビがあり、腐朽菌で木材がやられてしまっています。この木材、形はそのままですが、軽くてカステラのようにカスカスです。
s-DSC03491
今回は、床下全体のシロアリ駆除を実施、すでに売却の予定のため、換気をさせるために必要以上の補修は行いませんでした。
s-DSC03509
s-DSC03510
s-DSC03506わた
私も日本ではまだ数少ない木材劣化診断士の資格者なのですが、閉所恐怖症のため、中々彼らのように床下には潜れません!残念ながら?!
 
 
 
 
 

三段池ランニングクラブ、還暦デビューです!

本日午前7時より、福知山市の三段池にあります武道館前に集合し、三段池RC(レーシングクラブではありません)の早朝練習に妻と二人初参加させていただきました。
s-DSC00277
ウエアは先日還暦祝いに社員からプレゼントしていただいたものです。
今朝は、芦田歯科医院の奥様先生も参加です!
s-DSC00276
 
s-DSC00271
準備体操をしていよいよ出発です。
s-DSC00278
本日は、それぞれの力量に応じた距離を走りました。私はおよそ8kmを50分かけて三段池の周りを走りました。
s-DSC00279
今年の福知山マラソンが楽しみです!どれだけ細くなっているか?
9時前には終了!まだ朝の時間です。夫婦して勅使の山に行くことに・・
s-DSC00286
鹿の食べ残しのタケノコですが…早起きは三文の得ですかね!
 
 

何事!線路踏切に大勢のカメラマン出現!旧国鉄系183系車両!

s-036s-034s-DSC00269
昨年の6月のブログで紹介した「第一十二踏切」ですが、普段は人っ子一人いない踏切に大勢の人が出現!3月31日。調べてみますと鉄道マニアの方々のようです。先月15日にラストランした旧国鉄時代の特急列車183系という車両が、この日だけ団体専用列車「なつかしき北近畿」として運転した時の模様だったようです。
大勢の人は一瞬で、列車が通り過ぎると、大急ぎで車に乗り次の撮影場所に向かったようです。
s-DSC00262
s-DSC00263
s-DSC00264
s-DSC00267

当社の再生事例が掲載の「民家」誌。差し上げます!

s-20130329152344892_0001
NPO法人「日本民家再生協会」より年4回発行されています季刊誌「民家」にー民家再生事例 守り継がれる家ーと題して綾部市の若きご夫婦が現代的に再生した思いと現場スッタフの声を掲載しています。
今回の掲載を記念しまして、ご希望の方にはこの民家誌を差し上げようと思います。ご希望の方はご連絡くださいね!
全国の民家に関する話題が満載です!
s-20130329152437268_0001
s-20130329152513458_0001
 
s-20130329152539593_0001

本日、超感激のサプライズです!

今日の2階事務所には、朝7時半にもかかわらず、営業・設計などの出社時間の遅い社員も大勢集まっていました。ちょっと何か変!今日は何の日だったかな?・・・・・安全大会?!・・・
挨拶訓練担当の嶋野君の号令で挨拶訓練へ!おはようございます!・・・社訓・・経営理念・・そしてアンケートの件・・何か変・・・・・・・ その時、嶋野君が「還暦の祝いを!」と。そして千晶さんから私の還暦のお祝いを渡されました。こんなこと会社入社以来初めてのこと。・・
嬉しくて反応ができません!・・モットすごーく表現したかったのですが、私は表現が下手ですね。でもすごーく、すごーくうれしかったです。
良い社員に囲まれて、わが社の社長は幸せです。また元気に走り続けます。感激のサプライズでした!社員の皆さん、ありがとう!
s-P3195389
映像には写っていないのですが、周りには大勢の社員が。。全員で祝ってくれました!
s-DSC03404
 
s-DSC03381
 
s-DSC03403
 
s-DSC03402

当社民家再生になくてはならぬ存在!

s-DSC03334
 
s-DSC03333
 
s-DSC03358
当社の民家再生にかかわる社員の中でも、最も現場を知り、材料を知り、道具を知る監督さん。設計の白井さんと並び古民家と木材をよく知り尽くしている武田さんだ。
今回もまた、雪深い福知山北部の大きなお屋敷の再生の現場を担当していただいている。大工経験もあるという彼は、技能・技術力もさることながら、1級建築施工、1級土木施工、2級建築士、はては宅建主任者の資格までもっているという知識力もあるという素晴らしい人材。
ま、欠点はといえば「頑固」なとこだろう。これはいまさら変えられない。
先日、床下のコンクリート打設を終え、一人で墨付けをしておられた。現場には新旧の道具が何点か。・・昔から変わらない差金(曲尺)、墨壺、墨差し等々。
その中に奇妙なロボット?!が・・・レーザー墨出し器だ。
定価で20万円ちょっとするものだ。武田さんいわく「4方向の水平・垂直がすぐに出せとても便利!」とのこと。当社のストーブ設置の折の煙突設置にも欠かせない道具のようだ。このレーザも又、社員とともに当社にとっては欠かせないもののひとつになっている。
s-DSC03335ふる
古い墨壺で、部品もなくなっているようだが武田さんはまだ墨を練るのに使っているようだ。
s-DSC03374
 
s-DSC03357
s-DSC03347
 
s-DSC03360
 
現場も雪が解けようやく春の気配が感じられるようになってきました。軒下にはスズメバチの巣がたくさんあります。
s-DSC03367
 
s-DSC03371
 
s-DSC03373

Do it your self !?

日曜大工の意味ですが、「自らが行う」というわけで、施主様自身が積極的にかかわっておられます現場を二つご紹介します。
一つは、施主様が塗装関係のお客様。ストーブ設置とともに、1階の天井を取っ払い、吹き抜けのスペースをつくりました。設備や木工事、ストーブ設置は当社で施工させていただき、室内の塗装などは施主様ご自身の施工です。
何度かリフォームを繰り返されたお宅のようですが、梁や桁があらわしとなり、ストーブ煙突も1階天井部分を突き抜け、屋根まで一直線でかっこいい!つくりとなっています。
s-DSC03244
 
s-DSC03247
この施主様のお宅の2階の部屋からは天橋立の素晴らしい景色がご覧いただけます!
s-DSC03246
さてストーブですが、このようになっています。
s-DSC03251
 
s-DSC03258
 さて、もう一つのご紹介は、施主様が描いておられます住宅構想を、如何にお手伝いしてあげられるか!?です。当社の現場監督も新しい試みに、不安と好奇心と複雑な気持ちのうちに完成まであと少しです。
 
s-DSC00251
まだ未完成ですが、個人の住宅としては面白い創りになっていますよ。
s-DSC00242
s-DSC00245
こちらは浴室。バスタブを公開するのが楽しみです!
s-DSC00247
s-DSC00250
s-DSC00243
まだまだ進化するようです!完成が楽しみ!!かな??
どちらのお宅も窓からの眺めは絶景ですぞ!すばらしい!

3月です!春とともに・・解体(別れ)と再生(新たな訪れ)・・

s-DSC00202
四季のある日本では、春の訪れとともに、別れや出会いといった様々な行事や風物詩がみられますが、建築に携わります当社の現場でも様々な風景に出会う時季なのでしょうか?
ついに、数年間写真を撮り続けておりました茅葺の民家を解体する時が来てしまいました。年末には新しい家が完成し、年明けには解体が決まっていたのですが、ついに解体です。寒い雪降りの中、さびしそうにその茅葺民家は姿を消しました。
s-DSC02135
s-DSC00184
屋根ふき替えのために集められていた稲わらやヒノキの丸太がたくさんありました。
今は亡きお父様のご苦労の結晶です。
s-DSC00185
雨戸の一部は倉庫の一部に使用させていただくつもりです。
s-DSC00188
さっそく作業開始!
s-DSC00195
s-DSC00199
s-DSC00205
s-DSC03240
s-DSC03236
さようなら、珍しかった近代のかやぶき2階建ての住宅よ!
さて、解体もあれば再生もあります。こちらは、雪の多い福知山北部の雲原という地域にあります大きな古民家です。深い雪の重みに耐えて百数十年と生き抜いてきた大きな家です。何度も何度も修復を繰り返しながら守り継がれてきた古民家です。前述の茅葺民家が比較的新しい80年程度の歴史なのですが、こちらははるかに長い歴史が窺い知れる木材と構造体になっています。完成が楽しみな古民家です。
s-画像 058
s-画像 055
s-画像 042
ただ今、内部の傾きを修整しています。それにしても大きな家です!
s-DSC00165
今回も大工経験もあり、1級施工管理技士、しかも2級建築士の資格も持っておられる武田さんが現場担当です。山崎課長も安心して任せられます。
s-DSC00170
何やら印象に残る風景です。仕上がりが楽しみ!
s-DSC00173
久しぶりに大きな欅の大黒柱です!1尺ものですね!今回、この欅の柱の根元がだいぶ腐っておりました。修復も大変です!
s-DSC00175
さて次はこちらも、雪の多い夜久野の直見のお宅です。昨年末より工事に取り掛からせていただいており、薪ストーブの設置も計画されています。今急ピッチで現場が進んでおり、仕上げの工程に入っています。
s-DSC01896
屋根の瓦の葺き替えも行いました。
s-PB130301
床下も一部は取り除いています。
s-PB130308
s-PB130310
s-DSC00159
仕上げも急ピッチ!大工さんも玄関の飾り棚の加工をしていました。
s-DSC00156
こちらは春には完成です!ストーブの設置の風景が楽しみな現場です!

2013年3月3日福知山市民駅伝!火木土kamokudo初参戦!

s-DSC03206
沖縄マラソンから2週間後。今度は福知山市民駅伝に参加です!
参加チームは114チーム。4人1組で10㎞をタスキで繋ぎます。
参加者は、当社のお客様で福知山マラソン初参加で4時間台のT様。第一走者です。
s-DSC03215
s-DSC03216
第二走者は、kamokudoの責任者。村岡さん。元サッカー経験者です。良い走りをしていました。
s-DSC03221
そして第三走者は重量級の嶋野君。当社で一番若いメンバーです。
嶋野君は、前日母校で後輩たちに45分間の講演をしたばかり。二日続けての大役に、大分痩せた?!ようでした。
s-DSC03222
s-DSC03204
s-DSC00211
s-DSC03191
s-DSC00216
アンカーは私。短い距離を走るのもきつかったです。
s-DSC03227
s-DSC03229
s-DSC03232
新しいユニホームです!中村女史デザイン!
s-DSC00236
s-DSC00237
最後に、またまた動画でした!
 

昨日のTBSテレビ特番「緊急!池上彰と考える巨大地震」

夜の午後7時から10時54分までという長い時間帯でしたが、「いつごろ登場か?」と期待していましたが、後半の住宅の地震対策の部分で、数分間だけ登場しましたね。
DSC00140
s-DSC00141
s-DSC00143
s-DSC00144
ビイック株式会社の佐藤さんが登場していました。相変わらず良い笑顔ですね。
仕組みを説明!
s-DSC00145
s-DSC00146
油圧ジャッキで家を動かす場面も・・
s-DSC00147
 
s-DSC00148
雨樋のズレの分だけ動いています!配管も動くための対策が考慮されています!
s-DSC00149
s-DSC00151
こんな実験の場面も!どこかで見た動画です!
s-DSC00154
こんな装置が組み込まれている住宅がカヤノ台にあるんです!この住宅です!
s-茅の台 001
 
 

急な話ですが!本日2・27夜7時TBSテレビにて

12 地盤減震システムのベタ基礎
当社が施工しています「基礎下減震システム」の工法が、地震対策の一環として取り上げてもらえるようです。当社が採用しています商品の工法元であるビイック株式会社さんが池上彰さんの特別番組で取材を受けたようです。
ちなみに、どんな工法なのかといいますと、当社の「地盤減震トイレ」やカヤノ台のモデルハウスをご覧いただくとよくわかるのですが。
s-DSC01156
以前にこのブログでも取り上げました動画をご紹介します。
s-DSC04311

ニュー蔵漆。地盤減震の簡単な構造について!