でかい!デカイ!・・・

大東京!
DSC07236
その大東京に鎮座する・・スカイツリー!
IMG_20140912_100224
スカイツリーを踏む?!大きなわらじ!
IMG_20140912_110109
大きなわらじと雷門!浅草寺!
IMG_20140912_105353
国立新美術館。内部の「打ちっ放し」コンクリートがすごい!黒川紀章さんでした!
IMG_20140912_134413
この古民家の梁もデカい!
IMG_20140910_140903
久しぶりに訪れた宮津・旧永島家住宅でした。
IMG_20140910_141033
以上今週の訪問先!

チッパーシュレッダー(竹・樹木破砕機)で有機肥料を!

IMG_20140903_112204
勅使の山・あしびな(遊びの庭)の山に竹や樹木を破砕する機械を導入しました。
IMG_20140903_112421
竹や樹木を細かく破砕します。このチップを山にして有機肥料を作りたいと思っています。
IMG_20140903_112250
IMG_20140903_112312
竹のチップは、作物の栽培にも良い効果があるそうです。来年はこの中からカブトムシが這い出して来るかもしれませんね。楽しみです!
IMG_20140903_112426

本日、福知山市内道路のヘドロ土砂の撤去作業!

DSCF0006
浸水被害から空けて2日目の今日も。
暑い日差しが照り付ける福知山市内は土埃がまん延中です!
ヘドロ土砂が土埃となって空中を舞っていました。
その原因となる土砂の撤去作業を当社の土木部を中心としたメンバーが作業にあたっています。
本日は火木土kamokudoの軽ダンプも活躍中です!DSCF0007
日程次第では、新入社員や火木土のストーブ班も作業に加わる予定です。
DSCF0008

勅使「あしびな:遊びの庭」自社山の災害復旧!

IMG_20140818_111006

IMG_20140818_110010
 
街中でも浸水被害の復旧が進んでいますが、当社土木部のおかげで土砂崩れ現場の復旧に取り掛かっています。
IMG_20140818_110107
市内の悲惨な状況に比べまして、幸いなことにといいましょうか、当社のお客様や関係者の方々の被害も少なく安心した次第です。さっそく自社の災害復旧現場の土砂撤去を行っております。近所の方から、「どんな機械もあるんやなあ!?」といわれ、「当社は土建屋ですから!?」とお答えしたのですが・・・・・
IMG_20140818_081832
炭焼き小屋の上からも土砂が。。
IMG_20140818_082235

思えばかなうもの・・その2  再び古民家再生工事に!

昨年6月のブログでも紹介しました、たまたま駅の向こうに見えた古民家を「工事に携われたらなア」と写真撮影したお宅でしたが、縁あって現在再生工事をさせていただいております。

思えばかなうもの?!


本日より、大工さんが入り、家の建ちの補修工事が始まりました。シロアリの被害や柱元の腐り等で傾きかけた家の角度をジャッキで補修していきます。
外は35度以上の炎天下、家の中も本日は大汗をかきながら、大工さんも大奮闘です!
DSC06822
DSC06824
DSC06834
DSC06818
DSC06837
少しずつ隙間が狭くなっているのがわかります。
DSC06840
工事中の家のそばをKTRの「黒松号」が通り過ぎていきました。
DSC06831
DSC06832
数年前の冬。この駅の構内から古民家を眺めていました。今古民家再生中です!不思議なご縁です!
DSC06833

お寺の解体!そして石場建てによる改築へ!

DSC06804
民家と違い解体の機会が少ないお寺の本堂の解体が始まります。
当社も改築の一部工事を担当させていただくのですが、お堂本体の工事は京都から専門の宮大工の方々が来られます。基礎固めをシッカリさせた上で、伝統工法である石場建てによる本格的な本堂が出来上がる予定です。
解体に先立ち、本堂の上り縁の板材をいただいてまいりました。板材はすべてケヤキです!
DSC06807
DSC06814
先日ブログでも紹介しました昔の鉄・・{錬鉄}でできた角釘です!
DSC06815
この門は、昔福知山城で使われていたのを移築改修した門です。歴史ある門なのですが解体の運命にあります。
DSC06809

刃物の町三木市へ!JMRAきんき民家塾第2回講座より

DSC06996
大工道具の町、三木市を訪ね「カンナ」の製造所を見学させていただいた。今回久しぶりの長ブログになります故、よろしく!
DSC06876
神戸電鉄「三木上の丸駅」(無人)に集合し、三木城址の下にある商店街を歩き、先ずは
DSC06880
国登録有形文化財ともなっている包丁の老舗「三寿〴刃物製作所」さんへ。
DSC06891
見学最初から、興味ある刃物が一杯!「包丁が(高知)より安い!」今度、刃物市のイベントには是非来てみよう!
DSC06893
続いては、こちらも登録文化財の玉置家住居。最近まで「おばあちゃん(90数歳まで)と娘さん(?)の二人で暮らしていたとか」
DSC06941
DSC06937
当社で予定されている2軒の蔵の改修の参考に写真を!
DSC06915
DSC06918
古い建物の街並みを散策しながら、
DSC06946
DSC06947
ある意味これもレトロですよね!
DSC06949
こちらも登録文化財の旧小河家別邸へ。こちらはお客様をお迎えする別荘で回遊式庭園となっている。
DSC06952
DSC06954
DSC06960
DSC06975
午後は、今回講座の一番の目的の「山本鉋製作所」さんへ。途中酒蔵があり、帰りには寄ることに。
DSC06988
DSC06991
DSC07053
早速、工場の中に。伝統工芸士でもある山本芳博さんは、息子さんと二人で鉋を製作しておられた。
DSC07006
炉の火の原料である重油の匂いと熱気、そして回転するモーター音。民家の裏手になるのだが、小さな町工場の雰囲気が伝わってくる。
DSC07022
DSC07048
DSC07035
DSC07014
鉋を作るために、炉に鉄を入れて成型してゆくのだが、ここで初めて知ったことがある。
この鉋の刃の材料である鉄は、すでに現在では作られていない「錬鉄」というものだった。
DSC07013
パリのエッフェル塔や昔の線路に使われた時代の鉄を見つけてきては、再度板にたたいて加工して、そこに鋼(はがね)を張り付けて鉋の型を作り、砥ぎ仕上げるというものだった。DSC07008
DSC07033
今では、大工さんでも使う機会が減ってしまった鉋だが、大工さんが自分で砥いで使うためには、「この錬鉄で作った鉋しかあきまへん!」とのことだった。この山本さんの鉋を使っている大工さんは、まだまだ日本にはたくさんいるのだろう。少し安心!
DSC07002
DSC07026
DSC07050
DSC07045
これは、鉋の台を平らにする鉋です!
DSC07039
講座の最後に、三木市立金物資料館を見学。木下館長の楽しい講座にもみなさんご満足!
DSC07058
DSC07059
DSC07067
最後に金物神社を参拝して第2回の講座を終了。良い一日となりました。
DSC07071
ながいブログにて失礼しました。

社員旅行の1コマ!

九州福岡への社員旅行!
柳川の川下りの1コマです。
IMG_20140628_115406
DSC06866
DSC06850
DSC06848
宴会の1コマ
DSC06845
非常に楽しい社員旅行でした!

バーベキュー炉台完成!

カモクドにBBQ炉を作りました。
IMG_20140619_094232
炉の台板は古材の大黒柱であったケヤキです。中々重層感があるでしょう!?
IMG_20140619_094324
これから夏に向かってBBQパーティーの季節です。カモクドでも楽しんでみませんか?!
IMG_20140619_094422
正面には消防署があり、監視の目はきついかもしれませんね!?
IMG_20140619_094522
あとは、花壇への植栽を済ませれば、カモクドガーデンの完成なのですが。。。。。??
IMG_20140619_094458

大山山開き!久しぶりの大山登山です!

DSC06663
土曜日の午後鳥取の大山に向けて福知山を出発。
車で3時間半。大山寺に一番近い昔ながらの宿坊「山楽荘」に元福知山野外活動協会のメンバーの仲間と到着。
DSC06583
DSC06588
山開き前夜祭のたいまつ行列に参加です!
DSC06603
DSC06614
DSC06651
朝起床午前2時半。3時半には登山開始です。
DSC06656
子供達(小2・4年)も朝は眠そうです。 
五合目でラッキーにもご来光です!
DSC06659
山頂は深いガスと寒さで、私たち以外には誰もいません!
DSC06669
DSC06673
七時には山小屋にて私たちだけで朝食を済ませ下山です。
途中から、大勢の登山者で山道も休憩場所も一杯です。早く登ってラッキーでした。
DSC06766

薪づくりの小枝でキーホルダー!

薪づくりのための山行きによく軽ダンプを使うのですが、よく鍵を紛失します。
そこで、山に残っている樫の木の小枝でキーホルダーを作ってみました。
DSC06744
これだけホルダーが大きければなくす事も置き忘れることもないでしょう!
ついでにたくさん作ってみようと思います!欲しい人ありますか?
DSC06747

やっと完成!看板と看板車!

DSC06699
待望の7m看板と薪ストーブと薪をデザインした火木土車がやっと完成しました。どちらも街道沿いで目立つ存在になると思います。
DSC06545
DSC06547
完成したのがこちらです!
DSC06701
DSC06700
どこかでお出会いしましたら合図してみてください!
DSC06696
次は、カモクドのガーデン作りに挑戦です!

カナダはなんでもデカかった!

DSC06504
スキーハウスの木組!すごいですよね!
DSC06516
スキー場もデカい!
DSC06505
このリフトは6人乗りです。
DSC06689
ところで、このスキー場で突如停電!1時間余りもこのままの状態が続きましたが、私達はかろうじて助かりましたよ!
DSC06656
乗り物もデカいです!とらっく!
DSC06499
DSC06667
カナダは自動車を生産していません。すべて輸入車ですね!
DSC06536
DSC06538
DSC06670
山もデカく、川も凍っているところもありました。寒いわけです!
DSC06679

カナダバンフにてスキー中です!

DSC06670
只今、カナダのバンフに老人部隊でスキーに来ています。昨日から雪が降っています。
DSC06646
ホテとルから30分の距離にありますサンシャインビレッジスキー場に来ていますが、雪とガスと寒さと2500mの高さでの高山病に疲れ気味です。
DSC06652
明日は晴れ間に期待してレイクルイーズキー場まで足を延ばします。それにしてもカナディアンロッキーのスキー場はでかい!

巨大!薪ストーブ出現!

国道175号線沿いの薪ストーブショップ火木土の前に、大きな薪ストーブの看板を作っています。
DSC06608
本物そっくりに作成!炎の光はLEDで光るようになるようです。
DSC06603
この看板作製には時間と手間と費用がかかっています。巨大看板のため、建築確認が必要です。基礎も大事です。基礎も土中に柱状改良のセメントグラウトを注入。
IMG_20140412_121225
鉄筋加工は当社土木部が担当。確認申請のための躯体の構造計算は、なんと「千原兄弟」のお父さんにしていただきました。(千原さんも当社と同じ建築設計事務所をしています)
DSC06583
DSC06584
まだ製作途中ですが、9号線からも見え、完成後は、炎も見えて注目していただけると思います。
DSC06611
DSC06619

薪小屋作成!

薪ストーブショップKamokudo地内に薪小屋を作りました。
今月中には大きな看板も建てる予定です。また街道沿いがにぎやかになると思います。
DSC06577
大8m、中6m、小4mの間口の小屋が3つ完成です。
DSC06570
DSC06574
DSC06580

民家再生技士!今日明日再生見学会!

特定非営利活動法人「日本民家再生協会」より、当社5名のメンバーに「民家再生技士認定証」が届きました。
DSC06565
DSC06566
DSC06568
全国でまだ19名。早く増えてほしいですね。
DSC06569
今日明日は、その民家再生技士たちが再生した古民家の見学会です。多くの方が訪れてくれますことを願っています。
DSC06420

チェンソー作業の安全用品!

先日のチェンソー井元名人のブログを拝見して、名人でも事故の危険はあるということを知り、早速安全防具を何点か購入してみました。
防護服上下(日本製です)
DSC06404
ハスクバーナー社製のヘルメットも購入!
DSC06405
ついでにチャプスという防護着も!こちらは日本製。。土木の部署でも使います!
DSC06406
こちらはハスクバナー社製です。火木土の薪つくりの時に使用したいとおもいます。
DSC06407
どれも高いものですが、命には代えられませんよね!