沖縄マラソンに向けて始動!・・・


先日の福知山マラソンには、葬儀により、残念ながら出場を断念しましたが、次なる目標を決めて早速練習です。
大阪や神戸でのマラソン大会にも刺激を受けまして、真っ青な空の下、晩秋の風景を満喫しながら3時間ほどジョギングを楽しみました。

紅葉の山々、ススキの群生が素晴らしくきれいでした。


沖縄マラソンでは、4時間30分を目標にあと3か月間、みっちり練習を積んでいきたいと思います。今日から、足にオモリをつけて少しでも鍛えようと思います。年寄りの冷や水とならないためにも・・・


 わが奥様も、完走に向けて頑張るようです!?・・・

残念!幻となってしまいました今年の福知山マラソン出場が!・・

エントリーはしたのですが…・・

明日の福知山マラソンに出場することができなくなってしまいました。
身近な人が亡くなられて明日お葬式になってしまいました。
私も妻も出場はあきらめましたが、これにめげずに次の目標を決めました。来年の2月17日、3か月後の沖縄マラソンを目指すことにしました。昨年訪れたことのある沖縄市を中心としたコースで嘉手納基地を見ながら走ります。参加人数も制限時間も福知山マラソンと同じぐらいです。3か月みっちり走りこんでベストタイムを目指したいと思います。
 さて本日、来週から工事をさせていただきますお宅をご訪問。遠方より、この福知山北部の雪深い場所を気に入られ、移り住まわれた方のお宅です。ここで奇妙な手作り薪ストーブに出会いました。


四角い鉄板の箱に煙突が付き、丸い鉄板の蓋のところから薪を投入し、四角い蓋が空気の調節口のようです。あとは窓も何もありません。ちゃんと薪は燃えるとのことです。何とも奇妙なストーブでした。



仕事以外で大忙しの日々!・・


秋の休日は、行楽行事や地元行事で大忙しです。この一週間の主な出来事をご報告。
まずは、深まりゆく京都へ。夜の高台寺、「長ーいお付き合い」の金融機関様の研修行事で、高級料亭の「土井」様へ。
舞妓さんや芸子さんとも2時間お話しできて、踊りを歓談。優雅な夜でした。


お料理も豪華です!


芸子さん舞妓さんの踊りです。




休日は、私が会長を務めますライオンズの「福知山マラソンコース」の清掃活動を主催。会長の私と幹事のOさんもマラソンに参加するとあって、一生懸命清掃に勤めました。



終了後は、地元に帰って地元の「ふれあい祭り」に地元の商友会の役員として、焼き鳥や生ビールを販売です。皆さんは、生ビールを飲みながらの販売でしたが、私は、夜も予定がありましたので、我慢です。



夜は、薪ストーブショップに、当社社員のお友達のミュージシャンが来店。ミニコンサートが始まりました。私たち中高年でも聞ける優しさのある歌と演奏でした。







素敵な若者たちでした!また演奏に来てください。

深まりゆく秋のたたずまい!


めっきり寒くなりました。今年はマツタケにも縁がありませんでしたが、山も色好きはじめています。当社が家を改築しています現場も冬型の気圧配置のせいか、真っ青な空に雲が立ち込めてにわか雨がパラついています。完成に向けて大工さんも急ピッチです。


新・旧並ぶ二つの屋根!

外部も出来つつあります。

苔生したこの下屋も何とも言えませんね!


冬はもうそこまで来ています。田舎の風情ある風景です!
さて、こちらは先日ストーブをつけた勅使の隠れ家です。ストーブのわきの電燈が木製枠で和紙の製品だったので、防火上の観点からも、数十年前のレトロな電燈をつけてみることにしました。くらくなり始めた夕暮れ時に電気をつけてみました。中の電球は蛍光灯電球なのですが結構風情がありました。



ついでに報告です。先日、ブログに載せました、「木造劣化診断士」の試験に合格していました。登録番号はまだ157番目の番号です。まだまだ認知度が少ないのでしょう。今後はシロアリの調査やカビ、腐朽菌、害虫などの調査で実践したいと思います。まだまだ、勉強の講習は続きますが・・

勅使の隠れ家にもストーブをつけました!

大きなイチョウの木がある平屋の隠れ家です。瓦屋根に煙突が付きました。


囲炉裏の部屋に薪ストーブが加わりました!

ESSE社のキャンプ用のクッキングにも利用できる薪ストーブを改良したものです。
今日はめでたい火入れです。


コンパクトですぐに火が付きました。価格もお手頃だし、この冬は注文が多いのでは!?私の感ですがね!
本日は宴会です。部屋はぽかぽかです。

ぽかぽかついでに、露天の五右衛門風呂にも入りました。とても暖かく気持ちがよかった!
この露天の五右衛門風呂、水は地下からの天然水です。温めたら温泉です。皆さん入りに来ませんか。冬でも温まって、寒くないですよ。

 

お客様とイタリアンシェフに感謝!


久しぶりの薪ストーブの炎です!

11月の3,4日と薪ストーブショップ「火木土」の1周年の感謝イベントが開催され、大勢のお客様がご来店くださいました。
一日目は、私自身は福知山ライオンズクラブの50周年行事に招待されていたため十分な接待ができなかったのですが、ストーブ配給元の京阪エンジニアリングの宮本様による「ストーブ講習会」、そして二日目は大阪肥後橋のイタリアンレストラン「ピアノ ピアーノ」の塚本料理長の料理を召し上がっていただくというおもてなしのため、お客様に十分なご満足がいただけたのではないかと思っています。
両日とも天気にも恵まれまして、少し暖かく、久しぶりのストーブの熱でショップ内はぽかぽか陽気でした。
チェンソーや斧、薪割機械を使っての薪割体験には、ストーブ同好会のIさんにもお世話になり、多くの薪ストーブ愛好者が集まりました。

京阪エンジニアリングの宮本さんにもお世話になって、2日目のクッキングストーブでのイタリアン料理の準備です。

同好会のIさんも交えてストーブ談義です!
さて二日目は、ガストロミア「ピアノ ピアーノ 肥後橋本店」の料理長を務められています塚本秀樹さんによるスタンレーのクッキングストーブを使った本場イタリアンの本格的な料理を、ご希望のお客様に召し上がっていただきました。



あらかじめ下ごしらえしていただいた料理を、200度以上に温めていたクッキングストーブで焼き上げます。


午前と午後合わせて50名近いお客様は大満足です。中には「ピアノピアーノ」を知っておられるお客様も飛び入り参加です。


スタッフの村岡・山本の両人も大忙しです。

本日、喫茶の女性スタッフはちょっと暇です。ところが午後からは、お客様が見えてバタバタ
していました。


スタッフの山尾・中村両人もお客様の喜びように満足です!でもちょっと食べたそうです!

塚本料理長ありがとうございました。
「ピアノピアーノ」のHPはhttp://www.piano-piano.co.jpです。